ナムで働く人の声を紹介します。

ナムではいろんな個性を持った人が働いており、性格も得意分野も人それぞれ。
そんな中、一人一人の長所を生かすことで社会のニーズに応え続けています。
各職種のやりがいや仕事内容について、本人のリアルな言葉でお伝えします。

信頼して頂いているからこそ、
指名を頂けるのだと思っています。

営業職
室崎

受注活動だけでなく、外注業者様とのやりとりも。

制御盤製作に関する案件の受注活動を行っています。お客様に見積もりを出すときには、一人でお客様と打合せをしてそのまま提案する場合もあれば、社内に持ち帰って各部署と相談し再度提案に伺う場合もあります。またお客様から材料や部品が支給される場合は、支給品の引取り作業を行うこともあります。他には、製作に関する外注業者様との納期調整や価格交渉も行ったりします。

指名は、信頼の証だと思っています。

お客様から指名して頂き商談へと繋がったときは、やはりやりがいを感じます。これまでの自分の営業活動が間違っていなかったんだなと感じられる瞬間です。例えば、新規のお客様が既存のお客様や外注業者様からのご紹介で、「~様からの紹介で、初めて電話してます。」と私に連絡して頂き、それが注文へと繋がったとき等です。同業他社もある中で、ナムという会社や、私という人間を信頼して頂いているからこそ、指名を頂けるのだと思っています。

業務が多岐にわたるところが、
難しいポイントの一つです。

常に専門知識を蓄える意識が必要。

専門的な知識がないと、お客様の要望に応えられないばかりか、予算オーバーに繋がってしまうこともあります。営業は製作にかかる工数や必要材料などを考慮し、全ての価格を自分で決定しなければならないので、常に知識を蓄える意識が必要です。人手が足りない時には自分で図面作成や配線作業をする事もあります。業務が多岐にわたるところが、難しいポイントの一つです。

お客様から選んで頂けるよう、常に考えています。

お客様が競合他社へ注文を出されていないか、ということは意識して情報収集を行っています。また、ナムがお客様に提供する価値を高めることで、受注額を少しでも上げることができるよう常に考えています。お客様から信頼して頂くためには、納期の厳守も重要だと思っているので、スムーズに工程が進むよう事前準備をしたり、関係部署や外注業者様の進捗確認を怠らないよう心がけています。

既存のやり方だけでこなすのではなく、
新しいことにも挑戦を。

同じ案件が一つもないことは大きな特徴です。

ナムの営業として経験を詰めば、プレゼン、見積もり、価格交渉、受注へと繋げて納品・アフターフォローと全ての工程を自分でプロデュースできるようになります。ものづくりが好きな方にとってやりがいのある業務だと思います。そして、同じ案件が一つもないことは大きな特徴です。お客様が必要とされる制御盤は案件毎に求められる機能が異なります。そのため毎回新しい挑戦や発見があり、勉強になります。

社内全体を盛り上げていける存在になりたいですね。

今後の目標は、会社の「売上」だけでなく「利益」も今まで以上に伸ばしていくことです。そのためには過程や結果を意識した行動が必要だと思います。既存の考えややり方だけで業務をこなすのではなく、新しいことにも挑戦していきたいです。また社内全体で同じ目標に向かうことにより、さらに活気が増すよう、自分自身が中心となり盛り上げていける存在になりたいですね。